ソフトで効率化

リハビリセンター

介護業務を効率的に行うために、コンピュータが駆使される場面が増えました。例えば請求に関するデータを国保連に送る際、伝送ソフトを使う事は当たり前のように行われています。そして伝送ソフトの担当は請求業務だけなので、それ以外の業務もカバーできるアプリケーションが人気を博しているのです。 しかしデータの伝送以外の機能を持ったアプリケーションは、利用においてそれなりの対価を求められます。初期投資において問題になりやすいのは、パッケージ型の介護ソフトです。パッケージ型は追加課金が必要ない形式なので、販売価格を吊り上げて対処しています。非常に高い価格であるため、小規模の業者には手が出しにくいのです。結果的にその手法が介護ソフトの普及を遅らせました。

最近になって介護ソフトの導入が進んでいるのは、パッケージ型以外の売り方が登場したからです。従来の製品は販売されているものを購入して、それをパソコンにインストールしていました。しかし最近普及しているASP型と呼ばれるものは、インストールの必要がありません。 ASPは介護ソフトの入っているサーバーに接続して、遠くからアプリケーションを活用できるサービスです。インターネット環境は必要になりますが、初期投資額を抑える事ができます。定期的に課金する事で介護ソフトが利用できる仕組みであるため、販売業者は料金を一回で徴収する必要がありません。このサービスを活用すれば伝送ソフトに加えて、欲しいと考えている介護ソフトも利用可能です。