室内を過ごしやすく

電話帳を開く

現在の段差解消機ですが、これからはどんな風になっているでしょうか。 段差解消機の目的は読んだ通り、段差を解消する機械ですが、高齢化社会の室内はバリヤフリー化で殆どの大きな段差は解消されていますので用途は屋外から室内へのアプローチ部分や2階への階段部分の段差が残っています。この部分の段差解消だけに複数用意するのでは少々もったない気がします。 そこで多目的な段差解消機が登場することになりますが、現在ではまだまだ高価なホームエレベータが代わりになると思います。新築物件での取付は容易ですが、既存の物件での取付は容易ではありませんし、建築上、法規の改定や消防上の規制も緩和しなければなりません。これらの処暑の問題点がクリアされれば価格も下がり、急速に普及すると思います。更に現行の段差解消機の値段も下がると思われます。

段差解消機は、段差を解消するのにとても効果的な方法です。 しかし、介護保険の対象外となるため、介護給付は受けることができません。ただし、据え置き式のものであればレンタルは可能なので、そちらを利用するのがおすすめです。 段差解消機を購入する場合には、便利なものですが安価なものでも40万円ほどと高価です。月額料金のものでも月々4000円ほどかかるため、よく考慮する必要があります。 また、まだ自分で段差を越える能力がある場合には、段差解消機ではなくスロープを利用する方が、自立を促すことに繋がります。 スペースの問題やお金の問題、利用する方の問題によって段差解消機を導入するかどうか、相談などをして考えるとよいでしょう。